架空請求の手口

架空請求の被害にあわない方法

様々な架空請求の手口や被害な合わない為の方法を紹介します

架空請求とは

あなたは今までに、身に覚えの無い請求書が舞い込んできたことは無いですか。

 

以前から詐欺まがいの犯罪は多発していますが、特に最近の振り込め詐欺や架空請求詐欺などは、なかなか後を絶たないようです。

 

この架空請求とは、どの様なものかご存知でしょうか。

 

突然、郵便やあるいは携帯・パソコンのメールに、使った記憶が全く無い有料サイトを利用したとして、未納分の請求をしてくる事なのです。

 

この架空請求を送りつけてくる相手は、サイト管理者や債権回収業者などを装っていて、連絡を受けた方を言葉巧みに操って、お金を振り込ませようとしてきます。

 

「私は大丈夫」と思っている方でも、その当事者になると簡単に騙されてしまうことが多いようです。

 

それは何故かと言うと、架空請求を送りつけてくる相手は、人間の心理の弱いところにつけこむことに関しては、それはもうプロだからなのです。

 

また、架空請求を送ってくる相手は、内容の中に落とし穴をいくつも作っています。

 

まず、「至急連絡を下さい」と書かれていれば、驚いて電話をかける方もいます。

 

最近の電話は、着信履歴が残るので電話番号がここで相手に知られてしまうのです。

 

その他に、難しい言葉で○○法と言う言葉を使って混乱させることも多いのですが、ほとんどそのような法律は存在していないでしょう。

 

法律の事について知らない方のほうが多いということを前提に、そこを逆手にとって騙してきます。

 

他にも色々な手段で、落とし穴に落とそうと狙っているので、騙されてしまう方が後を絶たないのでしょう。

 

犯罪に巻き込まれないために!架空請求対策