家出調査のプロの探偵へ依頼する際に注意すること

家族や友人が行方不明になった人は毎年8万人以上いるそうです。

これは届出があったものだけなので実際の数はその倍以上と言われています。

家出調査のプロの探偵へ依頼すると料金が発生しますが高額になる状況やできるだけ安く抑える方法はあるのでしょうか。

依頼前に高額になりそうだと判断できるケースとして調査に時間や人員が多く使われている場合です。

行方不明になってから何年も時間が経過している場合などで難易度が高い場合です。

料金を安く抑えるコツとしてはとにかく情報の提供をすることです。

探す時間を昼間だけに限定することなどです。

家出調査など人探しを行う際に探偵事務所に依頼する人も増えているようです。

その際、どうしても気になるのがどのくらいの費用がかかるのかではないでしょうか。

平均すると1回の調査で50?70万円かかると言われています。

主な料金携帯は1時間いくらという「時間料金型」や「◯時間いくら」というお得なパック料金が設けられていたり成功した場合に報酬金を支払う成功報酬型があります。

またこの中でも使った機材や交通費などの経費が込みの料金形態や別で料金が発生する場合もあるので費用面は特に確認しましょう。

また、必ず満足できる結果が出る保証はなく、捜索が硬直したら新しい情報が出るまで一時中止する決断も時には必要です。

以前、友達に久々に連絡をしようと思ったら連絡がつかなく他の友達も連絡先がわからないということがありました。

そこで行方不明者・音信不通者が周りにいたらどうしたらいいか気になったので調べてみました。

警察に届け出がある行方不明者は年間で8万人以上になりそこで家出調査など人探しの専門家である探偵への依頼も考えましょう。

自力との大きな違いとして、とにかく機動力が違います。

家出調査を行う探偵の話では4日間以上行方も連絡もない場合は地道な聞き込みや張り込みなどを行うことがしやすくなります。

また、別のメリットとしては個人情報保護法の観点などからどう接触したら良いかのアドバイスがもらえます。

家出調査などの依頼時に選ぶ探偵事務所を間違えると色々なトラブルが起こることがあります。

一例として、「発見率98%以上の実績!完全成功報酬制」という広告を見て依頼を考えたところ、いい加減な調査をされてしまうことなどです。

所在を確認したと連絡を受けて行ってみたら明らかに空室だったという話もあります。

その人の場合では再度、探偵に連絡をして確認したところ「尾行調査依頼ではないから撮影の必要がない」と証拠写真もないという状態でした。

こういったトラブルが発生してしまわないように成功率が100%近いなど不自然に高い数字の場合は注意することや打ち合わせ時に詳細な説明がされるか注意しておきましょう。

普段あまり活用しない方が多いと思われる家出調査サービスですがもし何かしらの理由で依頼をする場合、いつぐらいまでに依頼するのが良いのでしょうか。

結論から言うと、家出から数日経過しても連絡がなければすぐに探偵や興信所へ依頼しましょう。

探偵の方のデータによると、家出・失踪から1週間以上経過していると調査で見つかる確率が一気に低くなるそうです。

喧嘩した旦那の家出だからと甘く考えてしまい時間が経過してからの依頼では行動を予測するのも難しくなっていきます。

また、見つけるまでの日数が大きくなりがちで高額費用になってしまいますので、早めに相談・依頼をしましょう。

実行したかは別にして皆さんも1度は家出しようと思ったことはないでしょうか。

自分の場合は弟とのケンカでしたが他の人の理由はどういったものがあるのでしょう。

ネットで調べてみたところ家出調査のプロである探偵の話を見つけました。

探偵の行う家出調査には失踪人や行方不明者を探すのも含まれるので家出人のみとはいきませんが、主な理由としては「借金」や「うつ病」、「不倫や浮気」などが主な要因となっています。

いずれにしてもできるだけ早く見つけることが大切です。

探す場合は、大金を持っていなくなったかなど私物の確認をすることで自分の意思で家出をしたか判断できる可能性があるほか、手紙などが見つかれば家出先の手がかりにつながるかもしれません。

この前、探偵ものの小説を見ていたときにふと疑問に思ったことがあります。

それは現実の探偵はどういった仕事をやっているのかという疑問です。

同じ疑問を持っている人は多いのかネット上にその疑問を解決する答えが見つかりました。

実際に行う仕事で1番多いのは浮気調査となり6割前後のようです。

1分単位で対象者がいつ・どこで・何をしていたかを調査します。

浮気調査の調査報告書は証拠としての信頼性が高く裁判になったときに有利になります。

次に多いのが失踪者・行方不明者探しを含む家出調査です。

家出するのが10代・20代の場合では比較的早く見つかる傾向があるようです。

その理由としては受験の失敗や怒られてというのが多いようです。

家出人探しをする際の手順を家出調査を行う探偵に聞きました。

まずは家出状況の確認など情報を集めましょう。

例えば、家出した時間が何時頃か、そのとき着ていた服装はなんだったのかなどです。

家出時間が朝早くだった場合は計画的な場合が多く、新幹線や飛行機を予約して遠方に向かう場合もあるようです。

夜間の場合は逆に近場の友人宅などが行き先になっていることが多いようです。

服や現金、通帳などを持っていった場合は対象者の私物がある程度わかっていればまた、持っている服がある程度わかっている場合では、家出調査を依頼する際に重要な手がかりになります。

浮気調査や家出調査などの自分だけで行うのは難しい調査を行ってくれる探偵事務所ですが気になるのは期間や費用ですよね。

浮気調査の場合では、経費含めて総額が10万円?100万円とピンキリです。

基本的に浮気調査にかかる費用の多くは人件費とされており調査員2名で1時間あたり平均1.5万円?2万円が相場です。

期間に関しても、浮気の度合いなどどの証拠をどれくらい得たいかによって調査時間及び費用は大きく変わります。

なので、一概にこれくらい費用を用意しておけば大丈夫ということはなく料金がどれくらいかかりそうか不安、という方は無料相談窓口を利用したり依頼時に期間や集める証拠などを確認しておきましょう。

この前、探偵の方と話をしていて驚いた話があります。

それは、行方不明者は毎年8万人以上に上るという話です。

これは警察に届けられた件数だけなので実際の数はその何倍にもなると言われています。

早く探し始めることが重要とされ、緊急性の高さや失踪状況からベストな方法を選ぶ必要があります。

家出調査と同じく、まず最初に行う必要があるのは通帳や印鑑、常備薬などがなくなっているなど所持品から意図的かそうでないか推測できます。

もし、次に行うのは警察への届け出をしましょう。

もし、遺書などが見つかった場合はすぐに警察に届け出をしましょう。

他には、探偵への調査依頼を行うことも考えておきましょう。